個性派犬との暮らし方 

我が家の毛深いよつあしのお話です。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: しゃんぷぅ

12歳と半分 

2012/12/09 Sun.

この頃、しゃんさん話しがないねーと気がついたのでぼちぼち書いてみよう。

お元気ちゃんなんです^^本当に。
歩いているし、スピードもなかなか速い!
もちろん良く食べる!!!

お腹も時々壊すけど、獣医さんのお世話にならずそこそこ復活してくるの。

なんか12歳の今年はしゃんさんの底力をたっぷり感じさせてもらってます♪

もちろん色々な疾患もあるし、おめめだってお耳だって皮膚だって獣医師の手も家族の手もたくさん必要な状態だけどなんかたいした事じゃないって思うのよね。笑

とても落ち着いたシニア期を一緒に過ごさせてもらっていると感謝するわー。

太陽に守られ、太陽を守り、家族に甘え、時に怒られ、家族に守られ、家族を守りまあまあいい老後だよね、しゃんさん♪

あんなに目立つ容姿なのに、いつも控えに回るしゃんさん。
前に出る性格じゃないから「お兄ちゃん」になるのにとても戸惑って、BOSSと同じようにやって疲れちゃったよね〜。
「しゃんぷぅはしゃんぷぅでいいんだよ^^」って言ったら、すぐに切り替えて出来ないものは私にパスしてきた。
その柔軟性こそが長生きの秘訣なの?

いまでこそ「癒し」とか「平和」とか言われているしゃんさんだけど、ボストン繋がりのお友達とか昔のお友達はしゃんさんがものすごい口数が多い時があったの知っているのよね。

自分が寂しいとか一人にされるとかもう耐えられないと「うわ〜んうお〜ん」と吠えまくるし、おしっこしちゃうし、それ踏むし・・・
真剣に分離不安で悩んだ時期もあったし、3頭の中でしゃんさんだけ最後に残されたらどうしようと考えた時もあったね。
どんぴしゃりでしゃんさんが残されたけどね。笑

太陽来て、笑顔を取り戻し落ち着いてご飯も食べるようになったとき「生き返った〜」と思ったねえ。

よーっく考えたらしゃんさんって一緒に犬がいない時期って幼い頃3ヶ月くらいしかなかったんだと思う。
アリエナイくらいすぐにあれちゃん連れてきたらしいしね、知り合っていないダンナが。笑

そら一人じゃ無理だわな〜。笑
ジイになってひとりぼっちなんていやいやだわよね〜。

若い頃、遊んでいても止まる事を知らなかったしゃんさん。
くるくる歩き回って、アハハアハハって笑って、家族だけならどこに連れて行ってもご機嫌さんだった。
ただ、犬のいる所は好きじゃなくて「もうイヤだ」のサインは必ず下痢。苦笑
家族の犬は好きでも他の犬は嫌いだってーって笑ったもんだ。
自分だってかなりのがうがう犬だったのに、自分がしなくなってからはがうがう犬はイヤだって下痢していたねえ。

いろいろあったねえ、今じゃ懐かしいよ。
当時は頭痛かったけど。笑

12月頭で12歳と半分。

元気なもんだから「オイラも!」が増えてきた。
オイラも一緒にやりたいって意思表示。
出来る事、無理な事、選んで一緒にやっていこう。

ゆっくりとした暖かいシニア時間をありがと、しゃんぷぅ。




スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: --

page top

コメント

No title

まだまだ見せるぜ底力......これからさっ!!!

Charlie #GxAO5jdM | URL | 2012/12/09 20:43 - edit

>Charlieさん

この日記書いたら眼圧あがっちまったぜ。苦笑
先週の月曜日は大丈夫だったんだけどね。まあ、シニアさん、何があってもおかしくはないから。

ここで「まだまだの底力」を見せてくれるよ^^
だって、しゃんさんだも〜〜〜ん♪
あんだけ痛そうな足で発症してから10年、しっかり歩いて走ったしゃんさんだも〜〜〜ん♪

ねねちゃん #jhC0J7jE | URL | 2012/12/10 18:02 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。