個性派犬との暮らし方 

我が家の毛深いよつあしのお話です。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 太陽

地震と太陽 

2011/04/17 Sun.

震災のあの日から、地震が増えています。
しょーがないって解っているんだけど、お仕事の関係でぶち切れそうになってみたり、まあまあと自分をお友達になだめてもらいながらなんとか笑えています^^

で、うちの犬たち。

かなり大きめの地震があっても動揺はしていない。
しゃんさんは元々地震は気にしない子なので「いやあ~、危ないんじゃないのか?もう起きて安全な所に動いてみたら?」と思うくらい爆睡していたりね。笑
シニアさんなので寝たら起きないってーのもあるんだけど。
たまに起きちゃって「あれ?なんか違うよ?ガタガタしているよ?」ってなると、さあ危ない!
見えていないからごんごんぶつかっちゃう。ので、手をぱんぱん叩きながら「しゃんさあ~ん。こっち~。廊下に来てね~」と誘導。
揺れが収まっていないのに「あ。オイラ、お部屋のふかふかで寝るよ」とまだ揺れているのに戻ろうとしたりもする。苦笑
ま、いいんだよ。好きに生きてくれて。うん。

さあ、たいよーさん。どうでしょ?

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: 震災動物

原発20km圏内の実情 

2011/04/14 Thu.


震災から1ヶ月。

原発はやはり酷い事になっており、今度はヒトはおろか動物たちも捨てるんだ?

救助犬の助けをたくさんたくさん借りて、放浪している犬は捨てるんだ?

どっちの犬にも家族がいて、可愛がられていたんだよ?

たくさんの動物ボランティアさんが20km圏内に入って、頑張っている。

ピストン輸送のように行ったり来たりしている方々もいる。

でも、どこの団体も「もうボランティアだけでは無理!行政の力が必要!」と訴えている。

spica 森永さんのブログより

http://sachiani.blog44.fc2.com/blog-entry-52.html

ぜひぜひ読んで欲しい。そして感じて欲しい。

~~~twitterより~~~

本当に野犬化するのはこの先です。このまま人間のいない地域に取り残されていけば、人の温もりや愛情を知らない子が自然交配によって生まれ、増えていけば野犬と呼ばれるような犬が育っていきます。そして人に危害を加える対象として「駆除」という方法が取られてしまう。食い止めるのは今しかない。

~~~森永さん~~~


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: しゃんぷぅ

しゃんさんとハーネス 

2011/04/10 Sun.


桜、今まさに満開。
毎年毎年週末にかけて満開にする桜の律儀さ。。。
あ。日本の桜だから???笑
今日はオサンポヒトがいっぱいです。

我が家はこのごろ母子家庭です。笑

しゃんさんがぐぐっと年を取ってきました。
目もほぼ見えていないんでしょう。ただ光は入るようなのでなるべく光のある時間にお散歩しています。
今年は「歩けなくなる」という事が1回もなかったんです!
寒くなる前の早い段階からいろいろと考えて、最終手段でお薬も入れようと思っていましたけどそれも無しで冬は乗り切りましたっ!

レーザーは昔からやっているので引き続き。(昔より回数はぐんと減っています)
なので、やはりリンクにもあるマッサージが大ヒットなんでしょう^^

ありがたやあ~~~~♪

そんなしゃんさんの為にハーネスにすることにしました。
まあ、直接足や腰にどうって事はありませんが、背骨をたどってくれば首なんでね。
老体を労るべく、ハーネスに。。。

でね、しゃんさん。やはり、しゃんさん。
そうきたか。。。


-- 続きを読む --

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: 日常

一年で一番美しく、そして一番辛い季節。 

2011/04/06 Wed.

実母とBOSSが旅立って2年。

桜が咲き始めると否応無しに2年前にタイムスリップしてしまいます。

もうあの時の事は何も思い出したくないのに。。。

カチカチと時計の音が聞こえるように、時が刻まれBOSSが弱っていった日々。

止めたかったのに、なにもできず時間だけ流れて行った。

いろんなものの板挟みで自分がどっちを向いているのか?すら解らなかった。

私の生きる糧だったBOSSを失う時はもっともっと違うタイミングで、もっともっとゆっくりとした時間の中でと思っていた。

誰かが「お葬式は残された者の為にある」と言っていたのを聞いた事がある。

まさに。

残された肉体なんて抜け殻とは思っているんだけど、ちゃんとお別れしたかったなと今更。苦笑

私の中でこの出来事が消化されるのにはまだまだ時間が必要。

いろんな思いが交錯して心臓が痛くなる。

今年はそんな私にちょっとしたプレゼントがきた。

あるご縁で生のオーケストラをこの時期に聴けた。

確かに前日まで心の中に黒い塊があったんだけど、帰り道運転しながら「あ?体が軽くなっている?」って感じた。

黒い塊、あのたくさんの音が飛ばしちゃったらしい。

ありがとう^^ありがとう^^

「ねーちゃんからピアノを取っちゃダメだよ」とBOSSの言葉。

その通りだね。

今年は桜を見上げているよ。去年は桜を横目で見ていた。

ちょいとは進歩しているかなあ?

edit

CM: 6
TB: --

page top

2011-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。